BLOGスタッフブログ

ハザードマップ

 ハザードマップとは、風水害や地震など自然災害の被害範囲・程度を予測し、それを地図で表したもので、避難場所や避難に適さない道路なども載っており、各市区町村が作成しています。横浜市では、想定地震、津波、洪水・内水・高潮浸水想定区域、土砂災害、液状化危険度などのハザードマップがあります。
 自身の住む地域に起こりうる災害や被害の可能性を知り、被災時に深刻な事態に陥らないよう、日頃から適切な準備をしておく必要があります。水害や地震、土砂崩れなどの災害が各地で相次ぐ近年は、その重要性も増してきています。
 横浜市では市のホームページで確認することが出来ますので、自身の住む地域や勤務先付近などの危険箇所や避難場所、帰宅経路など事前に確認しておきましょう。現状を把握し、警報が発令した際には、この経路でここに避難し、この付近や道は危険なので近づかないなどシミュレーションしたり、災害を最小限に抑える対策を講じることがとても大切です。
 by.A

お問い合わせ・資料請求

  • インターネット公開前の
    売主直販 未公開情報が満載の情報誌

    毎月第2月曜日発行
  • 045-365-3311 09:00~19:00(南口店 火・水曜日定休)
    (北口店 火・水・日曜日定休)
  • お問い合わせ