sell売りたい

sell売りたい方

不動産を売る場合は大きくわけて2つの方法があります。 それぞれの、メリットとデメリットについてご説明します。
土地の売却や活用をお考えの方、資産活用、相続のご相談、マンションから一戸建てへの 住み替えから田畑の売却など、どんなご相談でもお任せください。

仲介で一般の方に売却

仲介で依頼する場合は、不動産会社との契約形態を決める必要があります。契約形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類あります。
契約形態により、制約事項などが存在しますが、物件の状況や何を優先にするかによって、お客様に適した契約形態をご提案します。

  • メリット

    上手に買い手を見つけることができれば高く売ることができる

  • デメリット

    • 買い替えの場合は、居住中のご自宅に買い手の方が見学にくる
    • 時間がかかる場合がある
    • 売れない場合がある

不動産会社での買取

仲介で依頼する場合は、不動産会社との契約形態を決める必要があります。
契約形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類あります。 契約形態により、制約事項などが存在しますが、物件の状況や何を優先にするかによって、お客様に適した契約形態をご提案します。

  • メリット

    買い手の見学などもほとんど無く、早期に売却をすることができる

  • デメリット

    一般的な市場価格に比べて安く買い取られる場合が多い

お問い合わせ・資料請求

  • インターネット公開前の
    売主直販 未公開情報が満載の情報誌

    毎月第2月曜日発行
  • 045-365-3311 09:00~19:00(南口店 火・水曜日定休)
    (北口店 火・水・日曜日定休)
  • お問い合わせ