BLOGスタッフブログ

成年年齢引き下げ

 成年年齢が2022年4月1日から現行の20歳から18歳に引き下げられます。約140年ぶりに成年の定義が見直されます。

2022年4月1日に、現在18歳、19歳の方が新成人となります。生年月日が2002年4月2日から2004年4月1日生まれの方です。2004年4月2日生まれ以降の方は、18歳の誕生日に成年となります。

 民法が定めている成年年齢は、「一人で有効な契約をすることができる年齢」という意味と、「父母の親権に服さなくなる年齢」という意味があります。成年に達すると、親の同意を得なくても自分の意思で様々な契約ができるようになり、その契約に対して責任を負うということになります。
 例えば、携帯電話を購入する、一人暮らしの部屋を借りる、クレジットカードを作る、高額な商品を購入したときにローンを組むといったとき、未成年の場合は親の同意が必要ですが、成年に達すると親の同意がなくてもこうした契約が自分一人でできるようになります。また、親権に服さなくなるため、自分の住む場所、進学や就職などの進路なども自分の意思で決定できるようになります。
 さらに、10年有効のパスポートを取得したり、公認会計士や司法書士、行政書士などの国家資格に基づく職業に就くこともできるようになります。

 一方、成年年齢が18歳になっても、飲酒や喫煙、競馬などの公営ギャンブルに関する年齢制限は、これまでと変わらず20歳です。健康面への影響や非行防止、青少年保護等の観点から現状維持となっています。
 なお、女性が結婚できる最低年齢は16歳から18歳に引き上げられ、結婚できるのは男女ともに18歳以上となります。
by.A

お問い合わせ・資料請求

  • インターネット公開前の
    売主直販 未公開情報が満載の情報誌

    毎月第2月曜日発行
  • 045-365-3311 09:00~19:00(南口店 火・水曜日定休)
    (北口店 火・水・日曜日定休)
  • お問い合わせ